OpenTable利用規約(以下、「本規約」といいます)は、OpenTableのウェブサイト、モバイルサイトおよびアプリケーション(以下、総称して「OpenTableサイト」といいます)ならびにOpenTableが提供するコンテンツ、機能、およびサービス(以下、「本サービス」といいます)にお客様がアクセスする際、またはこれらを使用する際に適用されます。

本規約において、「」および「当社」とは、お客様に本サービスを提供し、お客様が本規約を取り交わすOpenTableの会社のことをいい、お客様が居住する国によって異なります。 ここをクリックすると、お客様に本サービスを提供しているOpenTableの事業体を確認できます。「ユーザー」および「お客様」とは、本サービスのユーザーを指します。本規約は、本規約の中で名称またはリンクによって参照されるOpenTableの標準ポリシー、手順、および本サービスの利用条件(以下、総称して「OpenTableポリシー」といいます)を統合するものです。

お客様は、本サービスへのアクセスもしくはその使用、または本規約に対して「受諾」もしくは「同意」をクリックすることにより、(1)本規約を読み、理解したことを認め、本規約に拘束されることに同意し、(2)お客様が法定年齢に達しており、本サービスへのアクセスまたはその利用(OpenTableギフトカードまたはマーチャント・ギフトカード(以下で定義)の購入、提供、使用、または引き換え(該当する場合)を含みます)について法により禁止されていないことを表明および保証したことになります。本規約にはとりわけ、米国(その準州および属領を含む)、カナダ、メキシコに居住するお客様に適用される、集団訴訟権の放棄を含む仲裁規定が含まれます。

OpenTableは、本規約(OpenTableポリシーを含みます)を随時更新または変更する場合があります。お客様は、定期的に本規約を確認することに同意します。お客様は本規約の修正版を受諾するか否かを自由に決定できますが、本サービスを継続して利用するためには、修正内容を含む本規約の受諾が必要となります。本規約の修正版を受諾したことを示すために「受諾」または「同意」をクリックすることが必要となる場合があります。お客様が本規約の条件または本規約の修正版に同意できない場合は、本サービスの利用を終了する必要があります。その場合、お客様は自身のアカウント(以下で定義)にアクセスできなくなります。OpenTableによる別段の明示的規定がある場合を除き、本サービスの利用(予約サービス(以下で定義)の利用、ウェイティングリスト・サービス(以下で定義)、支払サービス(以下で定義)、またはOpenTableギフトカードもしくはマーチャント・ギフトカード(それぞれ本規約内で定義)の購入)は、利用時点で有効な本規約のバージョンの適用を受けます。

I -予約サービス

1.レストランの予約OpenTableは、ユーザーが第三者である加盟レストラン(以下、それぞれを「レストラン」といいます)での食事の予約またはレストランのウェイティングリストに登録することをサポートするため、OpenTableサイトを通してレストランの予約サービス(以下、「予約サービス」といいます)およびウェイティングリスト・サービス(以下、「ウェイティングリスト・サービス」といいます)をユーザーに提供します。OpenTableは、OpenTableサイトを通したユーザーのレストラン予約またはウェイティングリスト登録のオンラインリクエストを受け、それぞれの場合に応じて、当該レストランの予約およびウェイティングリストのコンピュータ・データベースに照会します。予約の可否、予想される待ち時間またはウェイティングリストにおける順番については、ユーザーの問い合わせの時点で、レストランがOpenTableに提供する情報に基づき決定されます。OpenTableは、ユーザーからOpenTableサイトを通して予約の申し込みまたはウェイティングリストへの登録のリクエストを受け次第、ユーザーがその使用について同意したEメールまたはその他の電子メッセージにより、ユーザーに予約またはウェイティングリスト状況の確認を提供します。ユーザーは、予約サービスまたはウェイティングリスト・サービスを利用することにより、予約またはウェイティングリストの確認、更新、修正および/またはキャンセルに関してEメールまたはその他の電子メッセージを受け取ることに同意したことになります。

2.ノーショー・ポリシーOpenTableは、ユーザーおよびレストランに対し、高い品質のサービスを提供するよう取り組んでいます。当社がレストランおよびその顧客に常に高いレベルのサービスを提供できるようにするため、ユーザーは、予約どおりに来店できない場合には、予約時間の30分以上前にキャンセル手続きをする必要があります。予約は、OpenTableサイトから、またはレストランに直接電話することによりキャンセルできます。一部のレストランでは、予約の最終確定のためにデビットカードまたはクレジットカード番号の提供を求める場合があります。お客様は、こうしたレストランでの予約サービスを利用するために、有効なデビットカードまたはクレジットカードの情報を提供する必要があります。当社は、お客様が提供するデビットカードまたはクレジットカード情報の正確性を確認するため、デビットカードまたはクレジットカード情報が提供された時点で、当該デビットカードまたはクレジットカードに対して暫定的に信用承認を行う場合があります。デビットカードまたはクレジットカード情報の正確性が確認された後(通常は数日以内)、この承認は取り消されます。お客様は、予約申し込み時に示されるレストランのキャンセルポリシーに従って予約のキャンセルを求められる場合があります。OpenTableは、当社の プライバシーポリシー の規定に従い上記のデビットカードまたはクレジットカード情報を使用しますが、レストランのキャンセルポリシーに従って予約をキャンセルしなかったことによりお客様のデビットカードまたはクレジットカードの口座に何らかの請求があったとしても、それに対して一切責任を負わないものとします。

お客様が予約どおりに来店できず、さらに予約時間の30分前までにキャンセルしなかった場合、OpenTableは、当社の記録においてお客様がノーショーであったことを知らせるEメールをお客様宛てに送信します。ユーザーは、レストランに到着した際、予約している旨を店側に伝える責任があります。ユーザーは、予約サービスを利用することにより、予約が不履行であったことを伝える報告がなされた後(事実であるか否かにかかわらず)、Eメールにてノーショーの通知を受け取ることに同意したことになります。12カ月間に4回のノーショーがあった場合、お客様のアカウントは停止されます。ノーショーを通知するEメールが誤って届いた場合は、ここをクリック して、異議の提起方法に関する情報をご覧ください。ユーザーは、OpenTableがその独自の裁量により、ノーショーに関してすべての最終的な判断を行うことに同意します。

ウェイティングリスト・サービスを通して行ったウェイティングリストへの登録の削除を希望する場合、OpenTableサイトから順番を調整するか、レストランに電話することにより、登録を削除できます。予約時間までにレストランに来店しなかった場合、ウェイティングリスト上でお客様より後に登録したゲストが先に案内されたり、お客様の登録がウェイティングリストから完全に削除されてしまう場合があります。

3.OpenTableダイニング特典お客様は、その居住国に応じて、OpenTableの特典プログラム(以下、「OpenTableダイニング特典」といいます)に参加することができます。これに該当する場合、参加するにあたり、OpenTableダイニング特典の契約条件 が適用されます。

4.利用ガイドラインユーザーは、レストランの予約申し込みまたはウェイティングリストへの登録のみを目的として予約サービスやウェイティングリスト・サービスを利用すること、および予約どおりにレストランに来店し、注文および食事の支払いをすることにより、これらの予約申し込みやウェイティングリスト登録を履行することに同意します。ユーザーはさらに、同一の食事時間帯(ランチ、ディナーなど)にユーザーの個人的利用を目的として2件以上の予約申し込みやウェイティングリスト登録をしないことに同意します。運営アシスタントおよび/またはコンシェルジュは、適用されるプログラム条件に従い、OpenTableの運営アシスタントプログラムおよび/またはコンシェルジュ・プログラムを通して複数の予約を行うことができる場合があります。予約またはウェイティングリスト枠の再販または再販を試みる行為は禁止されています。これに違反した場合、特に、お客様の予約のキャンセル、ウェイティングリスト登録の削除または本サービスへのアクセス停止といった措置が取られる原因となります。 

II -支払い、ギフトカードおよびその他サービス

5.支払い、ギフトカードおよびその他サービスOpenTableは、お客様が居住する国に応じて、OpenTableサイトを通じてOpenTableが提供する支払サービス(以下、「支払サービス」といいます)、OpenTableが発行する電子的および物理的形態のギフトカードおよび商品券(以下、それぞれを「OpenTableギフトカード」といいます)、第三者加盟レストランが発行する電子的ギフトカードおよび商品券(以下、それぞれを「マーチャント・ギフトカード」といいます)、その他のサービスなどの追加サービスを提供する場合があります。かかる本サービスに適用される追加的条件は以下のリンクで閲覧することができ、本規約の一部を構成しています。ここをクリック

III -全サービスの条件

6.プライバシーポリシーOpenTableは、お客様のオンライン上のプライバシー保護を支援するよう取り組んでいます。当社が本サービスに関連する情報をどのように収集、使用、開示しているかについて詳細を確認するには、当社の プライバシーポリシー をご覧ください。

7.お客様のアカウントお客様は、予約サービスやウェイティングリスト・サービスを利用するため、またはOpenTableギフトカードおよびマーチャント・ギフトカードの購入、贈答、または引き換え(該当する場合)を行うために、OpenTableサイトでOpenTableのアカウント(以下、「アカウント」といいます)を作成することができます(義務ではありません)。ただし、支払サービスを利用するためには自身のアカウントを持っている必要があります。アカウント登録の際には、OpenTableの登録フォームに、真正、最新、かつ完全なお客様のデータ(以下、「登録データ」といいます)を記載する必要があります。また、お客様は、登録データを常に真正、正確、最新、および完全な状態に保つため、当該データを速やかに更新することに同意します。お客様は、お客様のアカウントおよびそれに含まれる情報の機密性を維持する責任を単独で負います。また、適用法で別段の定めがある場合を除き、お客様のアカウントの利用についても、(お客様が承認したか否かにかかわらず)、すべてお客様が単独で責任を負います。お客様は、お客様のアカウントの不正使用またはその他お客様の本サービス利用に関連するセキュリティ違反があった場合には、直ちにOpenTableに通知することに同意します。

8.OpenTableからの通信お客様が当社のサイトおよび本サービスを利用される場合、OpenTableは当社のプライバシーポリシーに従って、Eメール、テキストメッセージ/SMS、またはモバイル端末でのプッシュ通知などの電子メッセージによりお客様に連絡する場合があります。

9.テクニカル要件本サービスの利用には、お客様のコンピュータまたは携帯デバイスからのインターネット・アクセスが必要です。本サービスが提供するあらゆる通知を含め、本サービスの利用によって生じるモバイル通信業者のデータまたはテキストメッセージに関連する請求の支払責任はお客様が負います。テキストメッセージに基づくサービスを利用する際は、携帯デバイスを使った電子コミュニケーションの通信業者において有効なアカウントを維持しておく必要があり、かかるテキストメッセージサービスへのアクセスにプリペイド方式の携帯電話を使用することはできません。OpenTableは、本サービスがすべてのデバイスとの互換性があること、またはすべてのモバイル通信業者によりサポートされていることを保証しません。お客様は、OpenTableサイトを利用するために、ジャバスクリプト(または同等のテクノロジー)を有効にしておく必要があります。またOpenTableサイトの特定の機能(予約の申し込み、修正、キャンセルを含みますが、これらに限定されません)およびその一部はジャバスクリプトが無効の状態ではアクセスできないことがあります。

10.本サービスの修正OpenTableは、その独自の裁量により、随時、および通知を必要とせず、本サービスを修正する権利を留保します。これには、OpenTableサイト、レストラン、および/または業者の一部の削除、追加、または修正を含みますが、これらに限定されません。OpenTableは、上記の行為に関し、お客様に対して一切の責任を負わないものとします。かかる変更に異議がある場合は、本サービスの利用を終了することがお客様の唯一の取り得る手段となります。変更後も本サービスを継続して使用した場合、お客様は、かかる変更を了承し、本サービスのすべてに満足していることを示したことになります。

11.知的財産権およびユーザーへの権利使用許諾本サービスを通じて提供および示される機能、情報、およびマテリアルは、著作権、商標権、特許権、およびその他の知的財産権に関する法律により保護されています。本サービスで提供されるすべてのテキスト、グラフィックコンテンツ、映像、データ、およびその他のコンテンツ(以下、総称して「OpenTableコンテンツ」といいます)は、本サービスに関してユーザーに認められた用途をサポートするためにのみ、OpenTableまたはそのパートナーもしくはライセンサーからユーザーに提供されます。OpenTableは、独自の裁量により、OpenTableコンテンツを随時修正することができます。本規約で明示的に規定されている場合を除き、上記以外の目的でユーザーに許諾されるライセンスはなく、上記以外の目的でユーザーが本サービスまたはOpenTableコンテンツを利用した場合は、本規約の重大な違反となります。OpenTableおよびそのパートナーもしくはライセンサーは、本サービスおよびOpenTableコンテンツのすべての権利ならびに関連する特許権、商標権、著作権、マスクワーク権、営業秘密、その他知的財産権を保持しています。本規約において、OpenTableまたは第三者の商標に対するライセンス、権利、もしくは権益は付与されていません。

12.アプリケーション・ライセンス本規約の条件に基づき、OpenTableは、本サービスに関してユーザーに認められた用途をサポートするためにのみ、ユーザーが所有する互換性のある携帯デバイスにオブジェクトコード形式でOpenTableのモバイル・アプリケーションを使用する、非独占的、譲渡不能、取り消し可能なライセンスをユーザーに許諾します。

13.利用制限本サービスおよびOpenTableコンテンツは、本規約に記載された目的のためのユーザーの個人的利用に限定して提供されます。上記以外の利用はすべて禁じられています。OpenTableは、適用法(州法、連邦法、および地方/属領の法律を含む)に基づくすべての権利および救済を明示的に留保します。OpenTableは、独自の裁量により、サービス提供の拒否、アカウントの終了、コンテンツの削除もしくは編集、予約のキャンセル、または本サービスへのアクセスの拒否を行う権利を留保します。お客様は、以下の事項を行わない(およびいかなる第三者にも行わせない)ことに同意します。(1)OpenTableにより明示的に許可されている場合を除く、本サービスまたはOpenTableコンテンツの一部へのアクセス、またはそのコピー、検索、もしくは監視を行うため、ディープリンク、ロボット、スパイダー、スクレーパー、その他の自動もしくは手動デバイス、プロセス、または手段を使用する行為、(2)OpenTableの独自の判断に基づき)本サービスまたはOpenTableのインフラに不適切な、または不当に過大な負荷をかける、もしくはその可能性がある行為、(3)本サービスの機能を妨害するもしくはその可能性があるデバイス、ソフトウェア、ルーチンの使用、(4)本サービスまたはOpenTableコンテンツの一部を第三者に貸与、リース、コピー、サブライセンスする、またはこれに対するアクセスを提供する行為、(5)本サービスまたはOpenTableコンテンツの一部を第三者に提供するために、または任意の第三者に提供されるプロダクトもしくはサービスに組み込むために、本サービスまたはOpenTableコンテンツの一部を利用する行為、(6)適用法で明示的に認められる場合(かつ、その上でOpenTableに事前通知がなされた場合)を除く、本サービスのソースコードまたは未公開APIを取得するためのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、またはそれ以外の方法を採る行為、(7)本サービスまたはOpenTableコンテンツを修正する、またはそのいずれかから派生的製品を作製する行為、(8)本サービスまたはOpenTableコンテンツに含まれる所有権その他の通知文を削除もしくは不明瞭にする行為、(9)違法な目的のために本サービスまたはOpenTableコンテンツを利用する行為、(10)本サービスまたはOpenTableコンテンツのパフォーマンスに関する情報を公に流布させる、または競合分析もしくはベンチマークの目的で本サービスまたはOpenTableコンテンツにアクセスする、またはこれらを利用する行為。OpenTableサイトは世界中からアクセスすることができますが、OpenTableサイトを通じて、またはOpenTableサイト上で取り上げられ、言及され、提供もしくは提示されているすべての機能またはサービスが、すべての人にとってもしくはあらゆる地理的な場所において利用可能であるわけではなく、また、米国外での利用に適しているまたは米国外での利用に供されているわけでもありません。OpenTableは、ある者または地理的地域に対する機能やサービスの提供およびその量を、自らの裁量により、制限する権利を留保します。 

14.米国政府エンドユーザー本サービスは、連邦行政命令集第48編第2.101条で定義される「商用品目」を構成しており、連邦行政命令集第48編第12.212条で使われている用語である「商用コンピュータソフトウェア」および「商用コンピュータソフトウェア文書」から構成されています。すべての米国政府エンドユーザーは、連邦行政命令集第48編第12.212条および227.72021項から227.72024項に沿って、これらの条項に記載される権利のみにより、OpenTableサイトへアクセスすることができます。

15.輸出管理適用法(米国および海外の輸出関連法令を含みますが、これらに限定されません)に違反して、OpenTableサイトまたは本サービスのその他の部分(またはこれらの写しもしくはこれらを改変したもの)を利用、輸出、または再輸出することはできません。お客様は、米国政府による禁輸の対象となっている国、または米国政府が「テロリスト支援」国家に指定している国に居住していないこと、ならびに米国政府による禁止または制限対象者のリストに掲載されていないことを表明し保証します。

16.規約の終了OpenTableは、通知もしくは説明なく、お客様の本サービスのすべてもしくは一部の使用を制限したり、または本規約を直ちに終了させることができます。前記内容を制限することなく、OpenTableは、お客様が本規約の一部(OpenTableポリシーを含みます)に違反していると考える場合、お客様の本サービスへのアクセスを停止する場合があります。本サービスの停止または終了後は、本サービスの利用またはアカウントの再設定が許可される場合と許可されない場合があります。また対象となる場合、お客様は OpenTableダイニング特典の契約条件 に記載されているダイニング累積ポイントへのアクセス権を失い、これを使用することができなくなる場合があります。お客様は、OpenTableが、本規約の終了または本規約の終了による影響に関してお客様に対し一切の責任を負わないことに同意します。お客様は、本サービスの利用をいつでも自由に終了することができます。お客様は、アカウントの終了により、当該アカウントで保存されているすべてのコンテンツの削除を伴う場合があり、これに関して、OpenTableが一切の責任を負わないことを理解しています。

17. レビュー、コメント、コミュニケーション及びその他のコンテンツ。本サービスにおいて、お客様は、レビュー、コメント、評価、写真、画像、ビデオ、音声、テキスト、データ、リンク及び位置情報を含みますが、これらに限定されないコンテンツを提出、送信、投稿又はその他の方法により提供すること、電子メールやその他のコミュニケーションを送信すること、並びに、提案、アイデア、コメント、質問又はその他の情報(以下「ユーザーコンテンツ」といいます)を提出することができます。いかなるユーザーコンテンツも、違法、脅迫的、人種差別的、名誉毀損的、中傷的もしくはポルノ的であってはならず、また、知的財産権を侵害し、違法行為を促進し、団体もしくは個人に損害を与え、第三者のパブリシティ権やプライバシー権を侵害し、故意に虚偽、その他第三者に対して有害または不快であってはならず、かつ、ソフトウェア、コンピュータウィルス、商業的勧誘、政治活動、チェーンメール、大量メール送信、いかなる形式の「スパム」、または、違法行為、過誤、故意の過大請求、虚偽広告もしくは衛生基準違反(例えば、食品への異物混入、食中毒など)を構成し、または、これらを含むものであってはなりません。お客様のユーザーコンテンツは、偏向的でなく、かつ、客観的でなければなりません。お客様は、方法の如何を問わず、報酬を受け取って、あるいは、お客様ご自身の又はお客様の雇用主、ご友人、親類若しくは競合他社のレストランについて、レビュー、コメント又は評価を投稿してはなりません。お客様は、虚偽のメールアドレスを使用したり、いかなる個人又は団体を偽装したり、その他ユーザーコンテンツの発信元について誤解させたりしてはなりません。お客様がOpenTableに提供することを選択した名前又はニックネームは、そのユーザーコンテンツと共に、一般公開されることがあります。OpenTableは、ユーザーコンテンツが本契約(OpenTableのあらゆる規約を含みます)に違反する場合を含め、OpenTableの自由裁量により、ユーザーコンテンツを監視、削除または編集する権利を留保します(但し、いかなる義務も負いません)が、お客様は、OpenTableが定期的に提出されたユーザーコンテンツをレビューするとは限らないことを了解するものとします。お客様がユーザーコンテンツを投稿した場合、当社が別段の指示をしない限り、お客様は、OpenTableに対し、非独占的、永久的、無償、取消不能、かつ、完全なサブライセンス可能な(レストラン、パートナー及びその他の第三者のウェブサイトやフィードを含む複数の層を介して)、世界中で、いかなる媒体でも、当該ユーザーコンテンツを使用、改変、複製、翻案、翻訳、出版、二次的著作物の創作、配布、表示、その他利用する権利を付与し、かつ、該当する場合、お客様は、本書を以って、著作者人格権又はOpenTableのためにお客様が投稿したユーザーコンテンツについてお客様が有するその他の権利に加え、個人の氏名又は肖像に関するあらゆるプライバシー又はパブリシティ権あるいはこれらに類する権利を放棄するものとします。お客様は、お客様がユーザーコンテンツを所有し、又は本書で定める通りにこれを使用若しくは使用を許諾するために必要な許諾を保持していることについて表明するものとします。OpenTableは、お客様又はその他のいかなるユーザー若しくは第三者が投稿したユーザーコンテンツについて一切責任を負わず、かつ、いかなる債務も負担せず、更に、当社は、ユーザーコンテンツに関するいかなる守秘義務も保証いたしません。

18.お客様の表明と補償お客様は、投稿したユーザーコンテンツに対する権利のすべてを自らが所有もしくは管理していること、投稿したすべてのユーザーコンテンツが正確であること、ならびにOpenTableOpenTableの他のユーザー、パートナー、およびライセンシーによる当該ユーザーコンテンツの利用が本規約に違反せず、いかなる個人もしくは事業体にも危害を与えず、またはいかなる第三者の権利(知的財産権およびプライバシー権またはパブリシティー権を含みますが、これらに限定されません)をも侵害しないことを表明し保証します。お客様は、(1)お客様が投稿したユーザーコンテンツ、(2)お客様による本サービスの利用、または(3)お客様による本規約の違反もしくは違反の疑いに起因するすべての請求から、OpenTable、その関連会社、およびそれらの代理人、エージェント、取締役、マネージャー、役員、従業員、および株主(以下、総称して「OpenTable関係者」といいます)を補償および免責し、(OpenTableの要請に応じて)防御するものとします。

19.賠償責任の制限本規約で明示的に記載されている場合を除き、いかなる場合においても、OpenTable関係者は、(1)本規約(その変更を含みます)、(2)OpenTableサイト、本サービス、OpenTableコンテンツ、もしくはユーザーコンテンツの利用、(3)不履行もしくは遅延(本サービスのいずれかの部分の使用もしくは使用不能を含みますが、これらに限定されません)、または(4)お客様のレストランへの来店またはレストランもしくは業者による本サービスに関連した履行、不履行、行為、もしくはポリシーに起因する、または何らかの関連がある、あらゆる種類の損傷、損失、請求、または直接的損害もしくは特別的、懲罰的、処罰的、派生的損害に対して、契約、不法行為、その他に基づいているか否かにかかわらず、またかかる損害が発生する可能性について事前に通知されていた場合であっても、法的責任を負わないものとします。さらに、お客様は、参照、リンク、またはその他の方法でOpenTableサイトにお客様を誘導する第三者も、本サービスもしくはOpenTableコンテンツの利用に関連した損害もしくは損失を含む(ただしこれらに限定されません)いかなる理由においても、ユーザーに対して法的責任を負わないことを明確に理解し、これに同意します。OpenTableは、ユーザーによる予約、オファーもしくはプロモーションの請求、または支払サービスを利用した支払いの対象であるレストラン、またはマーチャント・ギフトカードを発行する業者のエージェントではなく、その他これらとの提携関係も有していません。イギリスもしくは欧州連合に居住するお客様または日本に居住する消費者である場合、本規約の賠償責任の制限は、当社の意図的な違法行為および重大な過失に起因する損害には適用されず、または生命、身体もしくは健康に対して受ける被害による損害にも適用されないものとします。

上記の直接損害の免責条項が法により行使できない場合、ギフトカードの契約条件に明示的に別段の規定がある場合を除き、お客様は、お客様に対する当社の法的責任は、(いかなる根拠に基づくものであっても、またその訴訟方式にかかわらず)いかなる場合も50米ドルを上限とすることに明示的に同意します。

お客様およびOpenTableは、本第19条および第20条の免責条項、除外事項、および賠償責任の制限が、本規約の重要な要素であること、ならびにこれらはリスクの合理的な分担に相当することを理解し、これに同意します。特に、お客様は、OpenTableが、これらの条件以外では、本サービスをお客様に提供することができなくなることを理解するとともに、本規約に明記された限定的な救済がその本質的目的を達成できなかったと判明した場合においても、本規約は存続し適用されることに同意します。

20.保証の放棄お客様は、お客様自身のリスクで本サービスを利用すること、およびOpenTableは本サービスが中断されないこと、またはエラーフリーであることを保証できないことを理解します。本サービス、すべてのOpenTableコンテンツ、ならびに本サービスに含まれた、または本サービスを通してアクセスされたその他の情報、プロダクト、およびマテリアルは、いかなる種類の保証もないまま「現状有姿」でユーザーに提供されます。OpenTableは、明示的か黙示的かを問わず、商品性、特定目的への適合性、権限、もしくは不侵害に関する保証、または取引の過程、その履行もしくは商習慣に起因する保証を含む(ただしこれらに限定されません)一切の表明、保証、条件、または補償を明示的に放棄します。OpenTableは、お客様による本サービスの利用が中断されないもしくはエラーフリーであること、本サービスを通じて入手できる情報もしくはマテリアルの正確性をOpenTableが検証すること、またはOpenTableがかかる情報もしくはマテリアルを消失することなく保護もしくは維持することを保証しません。OpenTableは、OpenTableの合理的管理能力を超えた、インターネットおよび電子コミュニケーションもしくはその他システムの使用特有の遅延、中断、サービスの不具合、またはその他の問題に関して法的責任を負わないものとします。

上記の免責条項は、法で認められる最大限まで適用されます。お客様はその他の制定法上の権利を有する場合があります。ただし、制定法上義務づけられた保証期間(ある場合)は、法で認められる最大限度までに制限されるものとします。

21.第三者のウェブサイト、アプリケーションおよびサービス本サービスには、OpenTable以外の関係者が運営するウェブサイトおよびアプリケーションへのハイパーテキスト・リンクが含まれることがあります。かかるハイパーテキスト・リンクは、ユーザーの参照のみを目的として提供されており、OpenTableは、かかるウェブサイトを管理しておらず、そのコンテンツについて責任を負いません。OpenTableがかかるウェブサイトまたはアプリケーションにハイパーテキスト・リンクを付けていたとしても、かかるウェブサイトまたはアプリケーションに掲載されているマテリアルに対する推奨やその運営者との提携関係を意味するものではありません。OpenTableは、かかる第三者のウェブサイト、アプリケーションまたはかかる第三者のウェブサイトもしくはアプリケーションを通して入手されるコンテンツ、機能、プロダクト、またはサービスに対して、一切の法的責任を負いません。さらに、お客様が、Apple iOSAndroidMicrosoft Windows、またはBlackberry搭載のモバイル機器用に開発されたアプリケーションを使用して本サービスにアクセスする場合には、Apple Inc.Google Inc.Microsoft CorporationまたはBlackBerry Limitedが、それぞれ本規約の第三受益者となります。これらの第三受益者は、本規約の当事者ではなく、いかなる形においても、本サービスの提供またはそのサポートに責任を負いません。お客様がこれらの端末を使用して本サービスにアクセスした場合には、該当する第三受益者のサービス利用規約(ライセンスの譲渡性およびそこに記載されるその他の利用規定を含みます)に規定された条件が適用されます。

22.免責レストランおよび業者は、お客様とのやりとりに関して、ならびにお客様(または、該当する場合、OpenTableギフトカードもしくはマーチャント・ギフトカードの受領者)とレストランまたは業者とのやりとりまたは当該レストランもしくは業者への来店の結果として、またはレストランもしくは業者のプロモーション、提供、生産物もしくはサービスによりお客様(またはかかる受領者)が被った一切の請求、損傷、疾病、損害、賠償責任、および費用(以下、「請求等」といいます)に対して、単独で、全責任を負います。ユーザーは、すべての紛争をレストランとの間で直接解決しなければなりません。お客様は、適用法で認められる最大限、かかる一切の請求等からOpenTable関係者をここに免責します。上記の内容に関連して、カリフォルニア州に居住するお客様は、「一般的な免責は、債権者が免責を与える際に、自己に有利に存在していることを知らないか疑わなかった請求で、もし知っていれば債務者との解決に重大な影響を及ぼしたに違いないと思われるような請求には効力が及ばない。」と定めるカリフォルニア州民法典第1542条の権利をここに放棄します。お客様は、この第22条の主題に関連してお客様がOpenTable関係者に対して行う可能性のある認識していないまたは予期していない請求の免責に関して、本条項および同様の効果を有するいずれかの管轄の法律に基づくすべての権利および利益を、ここに明示的に放棄(自発的か否かを問いません)します。イギリスまたは欧州連合加盟国に居住するお客様の場合、上記の免責は、当社の意図的な違法行為または重大な過失に起因する損害には適用されず、または生命、身体もしくは健康に対して受ける被害による損害にも適用されないものとします。

23.侵害者に関する当社への連絡本サービスのいずれかがお客様の著作権を侵害していると考える場合、書面で当社の著作権対応窓口までご連絡ください。当社の著作権対応窓口の連絡先情報は、本条の末尾に記載されています。

ご連絡いただく際には、当社が対応措置を取れるように、以下の各事項を行うようお願いします。

(a)お客様の直筆のまたは電子的署名の提供

(b)お客様が侵害されていると考える著作物の特定

(c)お客様の著作物を侵害していると考える項目の特定、および当該マテリアルが掲載されている場所に関して当社が確認するのに十分な情報の特定

(d)お客様の住所、電話番号、またはEメールアドレスを含む、お客様への連絡方法の提供

(e)お客様が侵害していると特定した項目が本サービスに関連して使用されることについて、著作権所有者、そのエージェント、または法律による承認が得られていないとお客様が真摯に考える旨の声明書の提供

(f)お客様の連絡内容において提供される情報が正確であること、また、(偽証罪の罰則に関する事項を確認の上)侵害されている著作物の著作権所有者に代わり行動する権限がお客様に与えられている旨の声明書の提供

当社の著作権対応窓口の連絡先情報は以下のとおりです。

Copyright Enforcement(著作権行使部門)

OpenTable, Inc.

1 Montgomery St., Suite 700

San Francisco, CA 94014

copyright@opentable.com

当社では、必要な情報をすべてご提出いただかない限り、対応措置が取れないことにご留意ください。

24.可分条項本規約のいずれかの条項、またはその一部が適用される制定法もしくは法規範において無効であるとの判断が下された場合でも、当該条項(またはその一部)にかかわらず、本規約は完全な効力と効果を維持し、当該条項またはその一部は削除されたとみなされるものとします。

25.譲渡本規約ならびに本規約で付与される権利および課される義務に関して、お客様による移転、譲渡、または委譲はいかなる形であれ認められていませんが、OpenTableはその移転、譲渡、または委譲を自由に行うことができます。

26.権利の放棄本規約の条項の権利の放棄、またはいずれかの当事者による本規約に基づく権利の行使に遅延があったとしても、それにより、その後も放棄し続けるものと解釈されるものでも、当該条項またはその他の条項もしくは権利が行使されないとの期待をもたらすものでもありません。

27.仲裁合意および陪審裁判の放棄、集団訴訟の放棄、ならびに法廷地選択条項

米国(その準州および属領を含みます)またはカナダに居住するお客様は、OpenTable関係者またはその承継人もしくは譲受人との間での一切の論争、紛争、要求、争点、請求、または訴因(本条項の解釈および範囲、ならびに論争、紛争、要求、争点、請求または訴因の仲裁可能性を含みます)は、拘束力を有する非公開の仲裁のみを通して解決されることに同意します。メキシコに居住するお客様は、OpenTableおよびOpenTable関係者に対して、連邦民事訴訟法典(CódigoFederal deProcedimientosCiviles)および適用されるその他のメキシコ法令の条項に則り、メキシコの裁判所で集団訴訟を起こす権利を、ここに明示的に放棄します。

仲裁は、米国連邦仲裁法の適用を受けるもので、州または地方/属領の仲裁法の適用を受けるものではありません。仲裁は、米国仲裁協会(以下、「AAA」といいます)から選出された、商事契約に関する紛争の解決に十分な経験を持つ1人の商事仲裁人により行われるものとします。本規約が修正され、当事者が文書で別段の合意をしない限り、仲裁は、AAA 商事仲裁規則 および、仲裁人が適切と認める場合は消費者関連紛争の補完手続 (以下、総称して「本規則および手続き」といいます)に準拠します。

これにより、お客様は、仲裁の場合においては、少額裁判所での提起事項を除き、法で認められる限りにおいて、自らの権利を主張または防御するため訴訟を提起する権利を放棄することに同意します。お客様の権利は、判事や陪審員ではなく中立的な仲裁人によって判断されることになります。お客様には公正な審理を受ける権利がありますが、仲裁手続は裁判所で適用される規則よりもさらに簡素化および制限されています。仲裁人の裁定は、裁判所命令として行使可能であり、裁判所では極めて限定的な審査のみが実施されます。

仲裁の場合で、法で認められる場合、お客様およびOpenTableは、以下の規定に準拠する必要があります。(1)お客様またはOpenTableが提訴する請求は、集団訴訟または代表訴訟の原告または集団訴訟の構成員としてではなく、当事者個人としての能力の範囲内で提訴しなければならないこと、(2)仲裁人は、2人以上の請求を1つにまとめること、その他集団訴訟または代表訴訟の形態の仲裁人を務めること、また集団的救済を裁定することはできないこと、(3)お客様が、仲裁費用が訴訟費用と比べて高額に設定されていることを立証することができる場合、仲裁人が仲裁費用を訴訟費用と比べて高額な費用とならないようにするために必要と考える、当該仲裁に関連するお客様負担の申請費用および審理費用の相当額をOpenTableが支払うこと、(4)OpenTableはまた、その唯一独占的裁量により仲裁費用のすべてを引き受けることができる権利を留保すること、(5)仲裁人は、法により認められた秘匿特権およびプライバシー権を尊重するものとすること、(6)仲裁は非公開とし、お客様または当社のいずれも、法により義務づけられている場合または仲裁裁定の執行を目的とする場合を除き、仲裁の存在、内容または結果を開示することはできないこと、(7)仲裁人は、適用法で認められる個人に対する救済もしくは個人に対する救済手段の裁定を下すことができること、(8)各当事者は、勝訴側当事者が弁護士料および訴訟費用の支払いを受けると定めた制定法上の規定がない限り、自らの弁護士料および費用を支払い、この場合、支払われる弁護士料および費用は、適用法により決定されるものとすること。

上記の内容にかかわらず、お客様またはOpenTableのいずれも、少額裁判所へ個々の訴訟を提起することが可能です。さらに、名誉毀損に関する請求、コンピュータ不正行為防止法の違反、および他方当事者の特許、著作権、商標、または営業秘密の侵害もしくは盗用に関しては、この仲裁合意の適用対象外とします。かかる請求は、カリフォルニア州サンフランシスコに所在する州裁判所または連邦裁判所にのみ提起するものとします。さらに、仲裁に関する本合意にかかわらず、いずれの当事者も、仲裁の係属中、現状を維持するため、カリフォルニア州サンフランシスコに所在する州裁判所または連邦裁判所に緊急の衡平法上の救済を求めることができ、その目的のために、カリフォルニア州サンフランシスコに所在する裁判所の専属的対人管轄権に服することに同意します。暫定措置の要求は仲裁権の放棄とはみなされないものとします。

本条の(1)および(2)(集団または団体での訴訟の禁止)を例外として、本仲裁規定のいずれかの部分が無効、執行不能、もしくは違法とみなされ、または本規則および手続きと矛盾する場合であっても、本仲裁規定のその他の部分は有効であり続け、無効、執行不能、違法もしくは相反する部分が本規約に含まれていなかった場合と同様に、本規約の条件に従って解釈されるものとします。ただし、(1)および(2)のいずれかが無効、執行不能、もしくは違法と判断された場合、本仲裁規定の全体が無効となり、お客様およびOpenTableのいずれも仲裁に付託することはできないものとします。何らかの理由により、請求について仲裁ではなく裁判所での訴訟手続が進められることになった場合(米国またはカナダ以外の当事者が申し立てた請求を含みます)、かかる紛争は、カリフォルニア州サンフランシスコに所在する州裁判所または連邦裁判所にのみ提起するものとします。

AAA、本規則および手続き、または仲裁申立手続に関する詳細については、AAAに電話(800-778-7879)をするか、AAAのウェブサイト( http://www.adr.org )にアクセスしてください。

28.法の選択本規約は、他の管轄の法の適用を定めるいかなる法原則も適用することなく、連邦仲裁法(適用法で認められる限りにおいて)と一貫性があるアメリカ合衆国カリフォルニア州の法律に基づき策定されており、同法律に準拠し、それに従って解釈されるものとします。お客様はまた、お客様の地域の管轄および/または居住する国の法律に基づく消費者保護に関する特定の権利を享受できます。お客様が欧州連合加盟国に居住している場合、両当事者は、欧州委員会のODRプラットフォームでの裁判外紛争解決手続により消費者紛争の解決を図ることができます。上記のプラットフォームは、http://ec.europa.eu/consumers/odr からアクセスできます。

2017925